臼汽昇科郊利app_悶圄誘廣峠岬~

夕頭

仟侏コロナにvするお岑らせ

冩梢b僥郊B亊

トランスフォ`マティブ伏凋蛍徨冩梢侭(WPI泣)

トランスフォ`マティブ伏凋蛍徨冩梢侭 (ITbM)では、弊順莫峺の蛍徨栽撹薦を容M薦とし、伏凋親僥?室gを功久から笋┐觚鑰袖C嬬蛍徨仝トランスフォ`マティブ伏凋蛍徨々を伏み竃すことを凋}とする。栽撹晒僥宀と嗽歌鏃嶐喇麗僥宀のB亊を宰として、1) 嗽歌錣良b來や伏悶C嬬を娼畜に崙囮する蛍徨、2) 鮫豚議なバイオイメ`ジングをgFする蛍徨を麼に_kする。また、これらのgFに音辛之な 3) 階紳糞弔丙漏匹箏嶐啝醫垰を辛嬬にする乾箪の_kを佩う。梢O議には奮Zの芦協工oなど仇白トの}盾Qに廚垢襪海箸鯆訊犬后1泣は晒僥宀と伏麗僥宀の鮫豚議な忽H詞撹鹿發任△襦また翌忽繁冩梢宀が泣にeO議に歌鮫するためにCo-PI崙業や頼畠哂Z魭佞秘する。

云冩梢侭の宰となるのは、栽撹晒僥、乾箪晒僥、システム伏凋親僥、嗽歌鐃苫Г任△襦1欝ゾ魂聞挈appのみでもあるこれらの蛍勸の{才によって、寄きな芙氏議襖式森をもたらしうる恷枠極親僥を撹することを朕峺し、仟しい僥H議蛍徨冩梢泣をBする。 云冩梢侭は仝徭蛍が李む伏凋蛍徨を伏み竃すことができる泣々をアイデンティティ`とし、弊順嶄の倔な栽撹晒僥宀と嗽歌濶vBの伏麗僥宀を柵びzむ。伏凋システムを仝k?辛晒?崙囮々するための蛍徨をデザインおよび竃する弊順議な蛍徨冩梢泣をここに恬りたい。これに鬚韻仁辧のユニ`クなアプロ`チは、児P議かつ嶷勣な伏麗僥貧の}の盾Qや肝弊旗システム伏凋親僥を_謡するために、鏡徭の仝蛍徨試來晒?Q乾箪々を、蛍徨O僥と尖晒僥のサポ`トを誼ながら、m喘することである。これは枠箭のないみであり、ITbMはこれに函りMむ弊順率匯の冩梢泣である。

?

は和のURLからごEください。
URL http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp